女性の本音

男性誌には絶対に載らない!知られざる婚活女性の本音とは?

更新日:

あなたは、今婚活をしているでしょうか?もし、婚活をしているのなら婚活パーティーなどで会う女性がどんなことを考えているのか気になることもあるでしょう。では、婚活女性の本音は、どうすれば知ることができるのでしょうか?このページでは、知られざる婚活女性の本音についてご紹介していきます。これを読むことで、婚活をしている女性がどんなことを考えているのかを知ることができるでしょう。

ここからは、知られざる婚活女性の本音についてご紹介していきます。

 

 

見た目がダサい男性は、即NG

婚活女性の本音1つ目は、見た目がダサい男性は、即NGなことです。婚活女性は、見た目がダサい男性を結婚対象として見ることができません。結婚とは言え、見た目にはこだわる女性が多いのです。

 

職業を曖昧にする男性は、無し

婚活女性の本音2つ目は、職業を曖昧にする男性は、無しにすることです。婚活女性は、職業を曖昧にする男性を「良し」としません。職業を曖昧にされると、女性はその男性を信用することができないのです。「もしかして、無職なの?」と疑ってしまうことすらあるのです。

 

気遣いが出来ない男性は、カッコよくても結婚対象に入らない

婚活女性の本音3つ目は、気遣いが出来ない男性は、カッコよくても結婚対象に入らないことです。婚活女性は、いくらカッコよくても気遣いができない男性を結婚対象として見ることがありません。結婚後の生活を考えると、見た目だけでは決められないのです。

 

理想は年収600万以上

婚活女性の本音4つ目は、理想は年収600万以上なことです。婚活女性が男性に求める平均年収は最低でも600万以上だと言われています。これくらいの年収でないと余裕のある生活ができないと考えているのです。

 

50代バツ無し独身よりも、バツイチ男性の方が安心する

婚活女性の本音5つ目は、50代バツ無し独身よりも、バツイチ男性の方が安心することです。婚活女性は、バツイチ男性よりも50代を過ぎても結婚経験のない男性を嫌がります。「何か結婚できない原因があるのでは?」と勘繰ってしまうのです。

 

遠方に住んでいる男性から好意を持たれても困る

婚活女性の本音6つ目は、遠方に住んでいる男性から好意を持たれても困ることです。婚活女性は、基本近場に住んでいる男性を好みます。特に都心に住んでいる女性は、結婚しても遠くに引っ越したくないと思っているのです。

 

既婚者は、婚活に参加しないで欲しい

婚活女性の本音7つ目は、既婚者は、婚活に参加しないで欲しいことです。たまに、婚活パーティーなのに、既婚者男性が参加していることがあります。このような男性に対して、婚活女性は「非常に迷惑だ」と思っているのです。

 

男性の出身地が地方だと、結婚後の親との付き合い方が心配になる

婚活女性の本音8つ目は、男性の出身地が地方だと、結婚後の親との付き合い方が心配になることです。婚活女性は、男性の出身地を気にする傾向があります。なぜなら、男性の出身地が地方過ぎる場合、「結婚後の親戚付き合いが大変かもしれない…」と不安に思ってしまうからです。

 

婚活にジーンズにトレーナーで来る男の気が知れない

の本音9つ目は、婚活にジーンズにトレーナーで来る男の気が知れないことです。たまに、婚活パーティーなのに、ジーンズにトレーナーで参加している男性がいます。このような男性を見て、婚活女性は「何しに来たの?」と思ってしまうのです。

 

婚活に来て「1人は楽だよね」という独身男性の気持ちが理解できない

婚活女性の本音10個目は、婚活に来て「1人は楽だよね」という独身男性の気持ちが理解できないことです。たまに、婚活パーティーに来て「1人は楽だよね」と話す独身男性がいます。このような男性を見て、婚活女性は「じゃあ、来なければいいのに!」と思ってしまうのです。

 

不特定多数の女性と連絡先交換をすることを辞めて欲しい

婚活女性の本音11個目は、不特定多数の女性と連絡先交換をすることを辞めて欲しいことです。婚活女性は、気に入った男性には他の女性と連絡先交換をして欲しくないと思っています。あまりにもたくさんの女性と連絡先交換をする男性を見ると、「遊んでいるのではないか?」と疑ってしまうのです。

 

女性に免疫のない男性と話すと疲れる

婚活女性の本音12個目は、女性に免疫のない男性と話すと疲れることです。婚活パーティーには、女性に免疫のない男性が参加していることがあります。このような男性と話すと婚活女性は「疲れる…」と思ってしまいます。会話が弾まず、自分が会話を盛り上げなければならないからです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?知られざる婚活女性の本音を12個ご紹介してきました。婚活女性は、このようなことを日々考えているのです。あなたの婚活の参考にしてくださいね。

1

出会いがない社会人が、3カ月で理想の彼女を作る方法!

学生時代とは異なり、社会人になると出会いの数が極端に少なくなります。そのため「社会人になってから出会いがない」「就職してから彼女がずっとできない」と悩んでいる社会人男性は少なくないようです。 そんな現状を脱却したい男性のために、社会人男性が3カ月で彼女を作る方法を解説します! 社会人はなぜ彼女ができにくいのか……? 学生の時は彼女に困らなかったのに、社会人になってから彼女いない歴を更新している 職場には女性が少ないため社内恋愛はできず、出会いがない 仕事で忙しくて、プライベートに割く時間がない この中に当 ...

続きを読む

2

本気で彼女作るなら合コンより街コン!2人に1人がカップル成立の話題の街コンって?

今、合コンより彼女ができやすいと言われている街コン。 真面目に出会いが欲しい、恋愛をしたいという意識が高い人が参加することが多く、合コンよりカップル成立率が高いと言われています。 かくいう僕も、出会いを求めて初めて街コンに参加して、意気投合した子と次のデートに繋げることができた、街コン成功者の1人です。 街コンに参加する前は、数年は彼女と呼べる女性もおらず、たまに合コンに誘われる程度で、本気の恋活とか婚活みたいなことはまったくしていませんでした。 でも、そろそろ彼女が欲しいかな、と思ったのと、なるべく30 ...

続きを読む

3

Pairs(ペアーズ)のメリットやデメリット!口コミの評判をまとめてみた

Pairs(ペアーズ)を使った理由 社会人になって一人暮らしを始めると、学生時代とは違って出会いの数が大きく減りますよね。 私と同じように出会いが少なくて、「中々彼女ができない・・・」と悩む20代や30代の男性は非常に多いのではないでしょうか。 そんな時に見つけたのが恋活サイトのPairs(ペアーズ)で、Facebookと連動させたマッチングサービスです。 数多くの恋活アプリや恋活サイトがある中で、Pairs(ペアーズ)を選んだのには次の理由があります。 男女累計で700万人を超える利用者がいる 都心部だ ...

続きを読む

4

with(ウィズ)のメリットやデメリット!口コミの評判をまとめてみた

with(ウィズ)を使った理由 「若い女性と性格診断で出会えるアプリ」と評判だったのがwith(ウィズ)を使った理由です。 他の恋活サイトと比較して在籍しているユーザー数自体は少ないものの、with(ウィズ)は着々と人気を伸ばしていますね。 20代や30代の男性の中で、こんな悩みを抱えている方はいませんか? 社会人になってから急激に出会いの数が減った 女の子の友達や知り合いが全くいない 彼女どころか女性とデートすらまともにしていない 私もその一人で、自宅と職場を往復する毎日に嫌気が差していました。 そんな ...

続きを読む

5

ラブサーチのメリットやデメリット!口コミの評判をまとめてみた

ラブサーチを使った理由 「少しでも女性との出会いの数を増やしたい!」と考え、私はマッチングアプリのラブサーチに入会しました。 今までは仕事がメインの生活を送っていて出会いがなかったのですが、ラブサーチで女性との接点を増やすことができています。 数ある恋活サイトや恋活アプリの中でも、ラブサーチを選んだのは次の理由です。 サクラがいない出会い系サイトとして17年以上に渡って運営されている 累計登録者数が160万人を超えていて20代の若い世代が多い 恋活や婚活など真面目な異性との出会いを探している人が多いと評判 ...

続きを読む

-女性の本音

Copyright© 彼女の作り方 ~社会人編~ , 2018 All Rights Reserved.