恋愛コラム

彼女と念願の家デート!失敗しないための下準備5つのススメ

投稿日:

今日は気になるあの子とのデート。

いつも外でのデートだから今日は自分の家に呼んでじっくりと話をしてみたい…。

外でのデートと違って、家でのデートだとその人の生活感をのぞき見することが出来てちょっと距離も縮まる気がしますよね。

でも女性は男性の家に通された時にどこを見ているのかわからない!とお悩みのあなた。

せっかくの2人の仲を深めるチャンスなのに家デートでマイナスポイントをもらいたくはないですよね。

女性を家に呼ぶ前に以下のチェックポイントを見直して事前にあたふたすること無く、スマートに振る舞いましょう。

服のシワ、臭い

彼女を迎えに行く前に今日のコーディネートを考えると思いますが、コーデの前にそのお洋服の状態は大丈夫ですか?お洋服のメンテナンスのお洗濯は時間がかかるためスケジュールを考えたり、天候を考えたりとさまざまな条件を考えてから始めなければならないので大変ですよね。

また、洗濯が終わっても、干す時にシワになったりしないよう気をつけたり、乾いた衣類をたたみ、場合によってはアイロンをかけないといけなかったりと1番面倒な家事ではないでしょうか。

手を抜いているとすぐにわかってしまうのも洗濯の難しいところ。

まずご自身のお洋服にシワがついていないか、部屋には部屋干しの嫌な臭いがしないかチェックしましょう。

稀に男性からすごくいい柔軟剤の香りがする人がいますが、逆に女性の存在を感じさせる場合もあるので柔軟剤の使いずぎには注意しましょう。

お洋服の状態からはその人の生活感が意外と出るものです。

家に入ったときの匂い

自分の匂いと言うのは自分ではなかなか気付きにくいもの。

女性を家に連れてきたときの最初の印象はその家の玄関を開けたときに決まると言っても過言ではないでしょう。

下駄箱がある玄関の臭いや、リビングやキッチン、お風呂場の生活臭など特に気をつけたいところ。

狭い一人暮らしの部屋にルームフレグランスを置くと部屋中に香りが広がり過ぎて、逆効果になることも。

おすすめはドアノブにクローゼットタイプに吊るすような小さなサシェを吊るすこと。

香りがきつすぎず、ポイントごとに香りが広がるのでお勧めです。

女性用の化粧品があったときにはびっくり

男性で女性用のスキンケア用品なんて使う人いるの?と思われる人もいるかと思いますが、男性の中には実は女性用の化粧水や日焼け止め、ボディークリームなどを使っている、という人もいるのではないでしょうか。

男性用のスキンケア用品もあるけれど、いろんな肌タイプのものがあったり、価格帯が豊富だったり、高品質だったりと、女性のスキンケア用品をうらやましく思うこともありますよね。

女性が初めて男性の家に行き、普段見慣れたものがあるとやはり女性の影を感じてしまいます。

普段何気なく使っているからこそ気づき気づきにくいアイテムではありますが、女性の人を招き入れる時にはお風呂場、洗面台をぐるりとチェックしましょう。

お金の使い方がバレる物が無いかチェック!

一人暮らしをしているとお給料の中から家賃や水道代、光熱費、生活費、税金など差し引き、残ったお金の中でやりくりしないといけないですよね。

限られたお金の中でどのような生活をしているのか、女性は実はこっそりチェックしています。

たとえ付き合いが多いとしても「外食ばかり」という話が頻繁に出ると「実はあんまり自炊をしないのかな」ななどと考えてしまいます。

また部屋の中にある持ち物の安い自慢、高い自慢もあまりいい印象は持たれないので気をつけましょう。

持ち物について聞かれた時は相手にリアクションを困らせない範囲で物を買う時のこだわりなど話をすると、きちんとお金について考えている感が出るので良いでしょう。

いつもの話題に出てきているアイテムがあると好感度アップ

あなたはお相手の女性に自分の趣味を何とお伝えしていたでしょうか。

その趣味のモノが実際家にあると「この人は本当にこれが好きなんだなぁ」とさらに興味を持ってもらいやすくなるのではないでしょうか。

これ見よがしに置いておく必要はありませんが、どこかにさりげなく自分の趣味のもの置いておきましょうも。

しかしたら1人の時間が長いから趣味のモノが家にはたくさんあるかも知れませんね。

その人らしさ、その人の「好き」があふれている空間は女性にとっても楽しい空間となります。

ぜひあなたの好きなものをたくさん置いて2人の距離をグッと縮めてくださいね。

素敵な家デートになりますように。

-恋愛コラム

Copyright© 彼女の作り方 ~社会人編~ , 2018 All Rights Reserved.