恋愛戦略(会話編)

すぐ実践できる!女性を夢中にさせるLINEの会話術

投稿日:

あなたは、今好きな女性とLINEをしているでしょうか?LINEは、恋愛には必須ツールです。なぜなら、女性と蜜にコミュニケーションを取ることができるからです。では、LINEで女性を夢中にさせることはできるのでしょうか?このページでは、すぐに実践できる女性を夢中にさせるLINEの会話術についてご紹介していきます。これを読むことで、どのようにLINEを使えば、女性があなたに夢中になるのかそのヒントを知ることができるでしょう。

 

女性を夢中にさせる12のLINE会話術

ここからは、すぐに実践できる女性を夢中にさせるLINEの会話術についてご紹介していきます。今回ご紹介するLINEの会話術は全部で12個です。現在、好きな女性がいるそこのあなた。好きな女性へ送るLINEの会話術としてぜひ参考にしてくださいね。

LINEの中でも、しっかり相槌をうっている

LINEの会話術1つ目は、LINEの中でも、しっかり相槌をうっていることです。
まず、女性は「共感」されることを望んでいることを念頭においてください。これは女性に限った話ではなく、あなたも共感してもらうと嬉しいですよね。好きな女性とLINEで会話をする際には、「共感をしてあげること」に重点をおいて、女性の話していることに対し、しっかりと相槌をうってあげるようにしましょう。

しかし、いつも同じ相槌をうつのはNGです。例えば女性から「今日は友達と○○でランチしたんだ。」というLINEが来た場合。最初の返信は「そうなんだー。」と相槌をうつとします。その後、女性から「昨日は、○○という映画を観たよ。」というLINEをもらった場合。「そうなんだー。」と返信してはいけません。

いつも同じ相槌を繰り返してしまうと、女性は「この人は私の話に興味がないんだな…。」とか「この人と付き合っても、私の話をうわの空で聞くんだろうな…。」などとネガティブな印象を持たれてしまいます。そのため、女性からのLINEへの相槌は「そうなんだー。」を一度使ったらその相槌はしばらく封印してください。「そうなんだー。」という相槌を一度使っていた場合は、次の相槌は「うんうん」や「へえ」、「なるほど、なるほど!」など色々な相槌を使いまわすように心がけてくださいね。

女性の名前を入れた文章を送っている

LINEの会話術2つ目は、女性の名前を入れた文章を送っていることです。恋愛において、相手の名前を呼ぶことは重要です。好きな女性の呼び方はちゃん付けでも呼び捨てでもさん付けでも何でも構いません。「カクテルパーティ効果」という心理学用語はご存じでしょうか?「カクテルパーティ効果」とはざわついたパーティ会場内でも、遠くから自分の名前呼ばれると聞き取れるというものです。

この「カクテルパーティ効果」の解釈として、人間が耳にして心地よい音、ヒアリングしやすい単語は自分の名前だとされています。そのため、人間は自分の名前を呼ばれると親近感が湧くのです。あなたも、好きな女性から「あなた」と呼ばれるよりも名前で呼んで貰った方が嬉しいし、距離が縮まった様な気がしますよね?

例えば、女性を食事に誘うLINEを送りたい場合…。「来週の土曜日、時間ある?」とLINEを送るのはNGです。「○○ちゃん、来週の土曜日は時間ある?」とLINEを送るようにしましょう。このように、LINEでは「カクテルパーティ効果」を利用して好きな女性との距離感を一気に縮めるようにしてくださいね。

基本は、女性の話が中心

LINEの会話術3つ目は、基本は、女性の話が中心ことです。ずばり、聞き上手な男性はモテます。LINEでの会話は基本的に女性の話を聞くというスタンスをとってください。
ここで重要なのは、あなたが聞き上手な男性だと女性に認識してもらうことです。聞き上手な男性になるためには「オウム返し」が効果的です。例えば女性から「今日は、仕事が忙しくて終電帰りだったよー。」とのLINEが来たとします。あなたは「終電帰りだったんだ。。大変だったね。」などと、女性が発した単語を繰り返して返信するようにしてください。オウム返しをすることで、女性はあなたを「聞き上手な男性」だと認識してくれ、好印象を与えることができますよ。

たまに、自分の話を織り交ぜている

LINEの会話術4つ目は、たまに、自分の話を織り交ぜていることです。LINEでの会話術の基本は女性の話を先行させることですが、たまにあなたの話もするように心がけてください。恋愛は1人でするものではありません。あなたからあなた自身の話をすることで女性は「私に心を開いてくれた」と認識してくれます。しかし、自分の話が自己中心的なものになってはいけません。自分の話をする例としては、女性からの話題に乗っかり自分の話を織り交ぜることが無難です。

例えば、女性から「今日は友達とタイ料理を食べてきたよ。」とのLINEを貰った場合…。あなたは「タイ料理好きなんだ。○○駅の近くにオススメのタイ料理屋があるから今度行こうよ。」と返信してください。
女性が開示した情報を中心に、あなた自身の話をすれば、「情報共有」をすることができるため、距離が一気に縮まりますよ。

女性が好きそうなスタンプを使っている

LINEの会話術5つ目は、女性が好きそうなスタンプを使っていることです。LINEの便利なところはスタンプを使えることですよね。好きな女性がディズニーキャラクターが好きな場合はディズニーキャラクターのスタンプを使ってください。また、好きな女性がサブカル風であったり、少し変わった趣味の女性の場合はその女性が好きそうなネタのスタンプを使ってください。「おつかれさま!」のあとに女性が好きそうなスタンプを送信すれば、女性は「○○のスタンプだ!可愛い!」など良い反応を示してくれます。
その後、女性にスタンプをプレゼントすれば、会話も広がりますし、LINEでのネタ切れの心配も不要になりますよ。

たまに、面白いスタンプを送っている

LINEの会話術6つ目は、たまに、面白いスタンプを送っていることです。面白い話題を展開することは難しくても、面白いスタンプを送ることは簡単ですよね。好きな女性の好みに合わせて、流行りの芸人のスタンプでもおもしろキャラクターのスタンプでも構いません。何の脈絡もなく、突然面白いスタンプを送ることも良いです。突然スタンプを送ることに抵抗がある方は、「終電逃した…。」などのメッセージの後に「オバサンキャラのスタンプ」などを送るようにしましょう。

LINEの中で愚痴や悪口を送らない

LINEの会話術7つ目は、LINEの中で愚痴や悪口を送らないことです。LINE上に限らず、愚痴や悪口を言う人間は好かれません。しかし、LINEはポンポンと早いテンポで会話が展開しやすい為、ついつい愚痴を言ってしまいがちです。好きな女性が愚痴を言って来た場合、あなたは共感することに徹底してください。
間違えてもあなたから、愚痴や悪口は送らないようにしてくださいね。

LINEの中で自慢話をしない

LINEの会話術8つ目は、LINEの中で自慢話をしないことです。厳しいことを言ってしまいますが、自慢話は「ウザイ」です。日常生活でも嫌われがちな自慢話をLINEでしてしまってはいけません。好きな女性にLINEを送る前に、「これって自慢話っぽいかな?」と一度、自分のメッセージを読み返してみましょう。

嬉しいことがあると真っ先にLINEで女性に知らせる

LINEの会話術9つ目は、嬉しいことがあると真っ先にLINEで女性に知らせることです。恋愛において、何かを「共有」することはとても重要です。それが、ポジティブな話題であるならなおさら好条件です。そのため、あなたに何か嬉しい出来事があった場合、まっさきに女性にLINEしてください。ここで重要なのは、女性に対して「すぐに」「一番最初に報告したのは君」ということが分かるようなLINEを送ることです。メッセージの冒頭に「さっき○○できた!」などと付けるなど、「すぐに」報告していることが察しやすい文章を送るように心がけてくださいね。

LINEの中で女性を褒めている

LINEの会話術10個目は、LINEの中で女性を褒めていることです。褒められて不愉快になる女性はいません。対面して女性を褒めることは恥ずかしくても、LINEでは簡単に褒めることができますよね。女性が仕事のことで悩んでいる場合…「○○ちゃんの、そういう真面目なところ、素敵だよ。」などと、相手を褒めるようにしてください。もちろん好きな女性の外見を褒めることも良いのですが、毎回外見を褒めていては飽きられてしまいますので注意してくださいね。

LINEの中で女性をいじっている

LINEの会話術11個目は、LINEの中で女性をいじっていることです。LINEは直接会って会話したり、電話したりするよりも気軽に相手とのやりとりができるツールです。この気軽さを利用して、好きな女性をいじって距離を縮めましょう。しかし、いじり過ぎはNGです。「最近太ったね。」なんて送ってしまったらアウトです。冗談が成立した上でのいじり方をすることが重要なのです。例えば…「○○ちゃん、今日の飲み会で一番キレイだったよ!」とあなたが送り「ありがとう」と返信が来たとします。その後あなたは「○○区のミランダ・カー笑!」など、ネタ交じりでいじってあげると、トラブルもなく無難に相手との距離を縮めることができますよ。

LINEの中で敬語からため口へと自然に移行している

LINEの会話術12個目は、LINEの中で敬語からため口へと自然に移行していることです。いつまでも敬語を使っていては、一向に恋は進展しません。しかし女性の方からため口へ移行してくれることは滅多にありません。LINEの中で敬語からため口へあなたから自然に移行させることが必要です。移行するタイミングは、知り合って、LINEメッセージの交換をするようになってから2週間を目安と考えてください。ノリが良い女性の場合は自然にため口に移行しても構いません。

また、あなたがため口に抵抗がある場合や、好きな女性がおとなしい女性の場合…。一度、ため口のメッセージを送ってしまいましょう。その直後、「ごめんなさい、ため口になっちゃった。。このままため口でもいいかな?」などと確認のメッセージを送ると、真面目な男性だという好印象を与えることができますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?女性を夢中にさせる12のLINEの会話術をご紹介しました。ポイントはまず、聞き手上手な男であることをアピールすることです。そのポイントさえおさえれば後は応用として、いじってみたり褒めてみたりしましょう。今回ご紹介したLINEの会話術を活用して、ぜひ好きな女性との距離を縮めていってくださいね!

1

出会いがない社会人が、3カ月で理想の彼女を作る方法!

学生時代とは異なり、社会人になると出会いの数が極端に少なくなります。そのため「社会人になってから出会いがない」「就職してから彼女がずっとできない」と悩んでいる社会人男性は少なくないようです。 そんな現状を脱却したい男性のために、社会人男性が3カ月で彼女を作る方法を解説します! 社会人はなぜ彼女ができにくいのか……? 学生の時は彼女に困らなかったのに、社会人になってから彼女いない歴を更新している 職場には女性が少ないため社内恋愛はできず、出会いがない 仕事で忙しくて、プライベートに割く時間がない この中に当 ...

続きを読む

2

本気で彼女作るなら合コンより街コン!2人に1人がカップル成立の話題の街コンって?

今、合コンより彼女ができやすいと言われている街コン。 真面目に出会いが欲しい、恋愛をしたいという意識が高い人が参加することが多く、合コンよりカップル成立率が高いと言われています。 かくいう僕も、出会いを求めて初めて街コンに参加して、意気投合した子と次のデートに繋げることができた、街コン成功者の1人です。 街コンに参加する前は、数年は彼女と呼べる女性もおらず、たまに合コンに誘われる程度で、本気の恋活とか婚活みたいなことはまったくしていませんでした。 でも、そろそろ彼女が欲しいかな、と思ったのと、なるべく30 ...

続きを読む

3

Pairs(ペアーズ)のメリットやデメリット!口コミの評判をまとめてみた

Pairs(ペアーズ)を使った理由 社会人になって一人暮らしを始めると、学生時代とは違って出会いの数が大きく減りますよね。 私と同じように出会いが少なくて、「中々彼女ができない・・・」と悩む20代や30代の男性は非常に多いのではないでしょうか。 そんな時に見つけたのが恋活サイトのPairs(ペアーズ)で、Facebookと連動させたマッチングサービスです。 数多くの恋活アプリや恋活サイトがある中で、Pairs(ペアーズ)を選んだのには次の理由があります。 男女累計で700万人を超える利用者がいる 都心部だ ...

続きを読む

4

with(ウィズ)のメリットやデメリット!口コミの評判をまとめてみた

with(ウィズ)を使った理由 「若い女性と性格診断で出会えるアプリ」と評判だったのがwith(ウィズ)を使った理由です。 他の恋活サイトと比較して在籍しているユーザー数自体は少ないものの、with(ウィズ)は着々と人気を伸ばしていますね。 20代や30代の男性の中で、こんな悩みを抱えている方はいませんか? 社会人になってから急激に出会いの数が減った 女の子の友達や知り合いが全くいない 彼女どころか女性とデートすらまともにしていない 私もその一人で、自宅と職場を往復する毎日に嫌気が差していました。 そんな ...

続きを読む

5

ラブサーチのメリットやデメリット!口コミの評判をまとめてみた

ラブサーチを使った理由 「少しでも女性との出会いの数を増やしたい!」と考え、私はマッチングアプリのラブサーチに入会しました。 今までは仕事がメインの生活を送っていて出会いがなかったのですが、ラブサーチで女性との接点を増やすことができています。 数ある恋活サイトや恋活アプリの中でも、ラブサーチを選んだのは次の理由です。 サクラがいない出会い系サイトとして17年以上に渡って運営されている 累計登録者数が160万人を超えていて20代の若い世代が多い 恋活や婚活など真面目な異性との出会いを探している人が多いと評判 ...

続きを読む

-恋愛戦略(会話編)

Copyright© 彼女の作り方 ~社会人編~ , 2018 All Rights Reserved.