よくある悩み

疲れた…遠距離恋愛に疲れたときのベストな対処法12個

更新日:

あなたは、今「遠距離恋愛は、もう疲れた…」と思っているでしょうか?確かに、遠距離恋愛は、近距離の恋愛よりも疲れる要素が多いです。「なかなか会えない…」「女性が他の男性に取られるのでは…」などの心配や不満も絶えないと思います。では、遠距離恋愛に疲れてしまったときは、どうすれば良いのでしょうか?このページでは、遠距離恋愛に疲れたときのベストな対処法をご紹介していきます。これを読むことで、疲れた気持ちを癒すヒントを掴むことができるでしょう。

ここでは、遠距離恋愛に疲れたときのベストな対処法を12個ご紹介していきます。

 

 

なぜ、疲れたのか理由を考えてみる

遠距離恋愛の対処法1つ目は、なぜ、疲れたのか理由を考えてみることです。あなたは、なぜ、遠慮恋愛に疲れたのでしょうか?その理由を1度冷静に考えてみるのです。好きな女性に会えないことが原因なのか、遠くに住んでいる女性に彼氏ができてしまうのではないかと不安になっていることが原因なのか。原因により対処法が変わってきます。そのため、まずは、なぜ疲れてしまったのかを考えてみるのです。

 

会いに行く回数を減らしてみる

遠距離恋愛の対処法2つ目は、会いに行く回数を減らしてみることです。もし、遠い場所に住んでいる女性に会いに行くことに疲れてしまっているのなら、会いに行く回数を減らしてみるのです(何か口実をつけて)。「最近、仕事が忙しくて…」このような口実でもOKです。回数を減らすことで、あなたの精神的な負担も減っていくでしょう。

 

連絡する回数を減らしてみる

遠距離恋愛の対処法3つ目は、連絡する回数を減らしてみることです。もし、好きな女性のことが何かしらの理由で負担になっているのなら、連絡する回数を減らしてみることも1つの方法です。毎日連絡をしていたのなら2日に1回にしてみる。このように、少し連絡回数を減らすだけでも、精神的な負担を軽減させることができます。

 

女性の要望に応えることを控えてみる

遠距離恋愛の対処法4つ目は、女性の要望に応えることを控えてみることです。もし、女性があまりにもたくさんの要望を出してくるのなら、その要望に応えることを辞めてみるのです。女性の前で良いかっこばかりし続けると疲れるのは当然です。たまには、弱い部分や駄目な部分を見せても良いのです。

 

他の男性の影を気にしないようにする(女性を信じる)

遠距離恋愛の対処法5つ目は、他の男性の影を気にしないようにする(女性を信じる)ことです。他の男性の影が気になることが原因で遠距離恋愛に疲れているのなら、女性をもっと信用するのです。あなたともやり取りをしているのなら、他の男性とすぐにどうこうなることは、ほとんどありません。心配しても現状は変わらないのですから、もっと女性を信じてあげるのです。

 

他人はコントロールできないと気づく

遠距離恋愛の対処法6つ目は、他人はコントロールできないと気づくことです。たとえば、「遠距離恋愛をしている女性が、なかなか返事をくれない…」こんなとき、「女性に返信させるように仕向けたい!」と思うかもしれません。ですが、他人をコントロールすることはできないのです。コントロールできるのは、あくまでも自分だけ。それを思い出すことで、無駄なストレスを感じずに済むのです。

 

ゆっくり2人で過ごせる時間を作ってみる

遠距離恋愛の対処法7つ目は、ゆっくり2人で過ごせる時間を作ってみることです。あなたが、今遠距離恋愛をしているのにストレスを感じているのなら、それは「会えない」ことや「こまめに連絡を取り続けること」が原因かもしれません。そんなときは、2人でゆっくり過ごせる時間を1度作ってみるのです。そうすることで、感じていたストレスを軽減することができるのです。

 

お互いの気持ちを確かめ合ってみる

遠距離恋愛の対処法8つ目は、お互いの気持ちを確かめ合ってみることです。遠距離恋愛で多い不安。それは、「相手が本当に自分を好きなのか?」と相手の気持ちを疑ってしまうことです。こんなストレスを感じたときは、会ったときや電話でお互いの気持ちを確かめ合ってみるのです。そうすることで、安心することができます。

 

新しいことを始めてみる

遠距離恋愛の対処法9つ目は、新しいことを始めてみることです。遠距離恋愛で疲れてしまったとき、新しいことを始めてみると意外とすぐに楽になることがあります。たとえば、新しい習いごとを始めてみる。今まで行っていたかった旅行に行ってみるなどです。このようなことをスタートさせることで、気持ちを切り替えリフレッシュすることができるのです。

 

ペットを飼ってみる

遠距離恋愛の対処法10個目は、ペットを飼ってみることです。遠距離恋愛で感じるネガティブな感情。それは、寂しさです。好きな人と会えないことで、寂しくなってしまい辛くなってしまうのです。そんなときは、ペットを飼い癒してもらうことも1つの方法です。

 

趣味に夢中になってみる

遠距離恋愛の対処法11個目は、趣味に夢中になってみることです。恋愛のことばかり考えていると疲れてしまうことがあります。そんなときは、恋愛とは関係のない趣味に夢中になってみるのです。そうすることで、気持ちをリフレッシュすることができ前向きになることができます。

 

好きな女性以外の女性や男性と思いっきり遊んでみる

遠距離恋愛の対処法12個目は、好きな女性以外の女性や男性と遊んでみることです。好きな女性以外の友達(男女問わず)と思いっきり遊んでみてください。そうすることで、溜まっていたストレスを発散することができるでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?遠距離恋愛に疲れたときのベストな対処法を12個ご紹介してきました。疲れた気持ちを放置しておくと悪い方向に進んでしまいます。取り返しがつかなくなる前に、対処法を試してみてくださいね。

1

出会いがない社会人が、3カ月で理想の彼女を作る方法!

学生時代とは異なり、社会人になると出会いの数が極端に少なくなります。そのため「社会人になってから出会いがない」「就職してから彼女がずっとできない」と悩んでいる社会人男性は少なくないようです。 そんな現状を脱却したい男性のために、社会人男性が3カ月で彼女を作る方法を解説します! 社会人はなぜ彼女ができにくいのか……? 学生の時は彼女に困らなかったのに、社会人になってから彼女いない歴を更新している 職場には女性が少ないため社内恋愛はできず、出会いがない 仕事で忙しくて、プライベートに割く時間がない この中に当 ...

続きを読む

2

本気で彼女作るなら合コンより街コン!2人に1人がカップル成立の話題の街コンって?

今、合コンより彼女ができやすいと言われている街コン。 真面目に出会いが欲しい、恋愛をしたいという意識が高い人が参加することが多く、合コンよりカップル成立率が高いと言われています。 かくいう僕も、出会いを求めて初めて街コンに参加して、意気投合した子と次のデートに繋げることができた、街コン成功者の1人です。 街コンに参加する前は、数年は彼女と呼べる女性もおらず、たまに合コンに誘われる程度で、本気の恋活とか婚活みたいなことはまったくしていませんでした。 でも、そろそろ彼女が欲しいかな、と思ったのと、なるべく30 ...

続きを読む

3

Pairs(ペアーズ)のメリットやデメリット!口コミの評判をまとめてみた

Pairs(ペアーズ)を使った理由 社会人になって一人暮らしを始めると、学生時代とは違って出会いの数が大きく減りますよね。 私と同じように出会いが少なくて、「中々彼女ができない・・・」と悩む20代や30代の男性は非常に多いのではないでしょうか。 そんな時に見つけたのが恋活サイトのPairs(ペアーズ)で、Facebookと連動させたマッチングサービスです。 数多くの恋活アプリや恋活サイトがある中で、Pairs(ペアーズ)を選んだのには次の理由があります。 男女累計で700万人を超える利用者がいる 都心部だ ...

続きを読む

4

with(ウィズ)のメリットやデメリット!口コミの評判をまとめてみた

with(ウィズ)を使った理由 「若い女性と性格診断で出会えるアプリ」と評判だったのがwith(ウィズ)を使った理由です。 他の恋活サイトと比較して在籍しているユーザー数自体は少ないものの、with(ウィズ)は着々と人気を伸ばしていますね。 20代や30代の男性の中で、こんな悩みを抱えている方はいませんか? 社会人になってから急激に出会いの数が減った 女の子の友達や知り合いが全くいない 彼女どころか女性とデートすらまともにしていない 私もその一人で、自宅と職場を往復する毎日に嫌気が差していました。 そんな ...

続きを読む

5

ラブサーチのメリットやデメリット!口コミの評判をまとめてみた

ラブサーチを使った理由 「少しでも女性との出会いの数を増やしたい!」と考え、私はマッチングアプリのラブサーチに入会しました。 今までは仕事がメインの生活を送っていて出会いがなかったのですが、ラブサーチで女性との接点を増やすことができています。 数ある恋活サイトや恋活アプリの中でも、ラブサーチを選んだのは次の理由です。 サクラがいない出会い系サイトとして17年以上に渡って運営されている 累計登録者数が160万人を超えていて20代の若い世代が多い 恋活や婚活など真面目な異性との出会いを探している人が多いと評判 ...

続きを読む

-よくある悩み

Copyright© 彼女の作り方 ~社会人編~ , 2018 All Rights Reserved.