恋愛戦略(会話編)

女性との会話が驚くほど弾むコツ7つ

更新日:

あなたは、女性とどんな会話をしているでしょうか?もしかしたら、女性との会話に苦手意識を持っているかもしれません。ですが、大丈夫です。コツさえ掴めば、女性との会話を盛り上げることも可能です。このページでは、女性との会話が驚くほど弾むコツについてご紹介していきます。これを読むことで、どうすれば会話を弾ませることができるかを知ることができるでしょう。

 

 

「会話力」=「聞く力」+「話す力」+「リアクション力」

そもそも、女性との会話を弾ませることができる「会話力」とは、どんなものなのでしょうか?会話力とは、下記3つの能力が合わさって上達していくものと言われています。

会話力上達の3つの力

聞く力

話す力

リアクション力

この3つの能力が平均値になると、ごく自然に会話を弾ませることができるのです。

 

聞く力とは?

では、聞く力とは、具体的にどんなものなのでしょうか?それは、女性が話しやすい環境を作ってあげることです。「この人と話していると、普段話さないことまで話してしまうな」「この人は、凄く話しやすいな」こう思われる状態を目指すのです。たとえば、相槌上手になったり表情豊かに話を聞いてみたり。具体的な方法については、このあとご紹介していきます。

 

話す力とは?

次に、話す力とは、具体的にどんなものでしょうか?それは、女性があなたの話を聞いていて引き込まれる状態です。「この人の話は面白い」「この人の話は聞きやすい」「この人の話は共感できる」このように思われる状態を目指すのです。たとえば、自分の弱みを先に話してみたり、エピソードの中に自分の感情を入れてみたり。具体的な方法については、このあとご紹介していきます。

 

リアクション力とは?

最後に、リアクション力。これは、具体的にどんなものなのでしょうか?これは、非言語能力とも言われています。表情や声のトーン・早さなど。言葉以外とところで女性に与える印象を指しているのです。このリアクション力が高い男性は、会話を弾ませることがとても上手です。リアクション力は、聞く力を鍛えることで同時に上達していきます。

 

 

女性との会話が驚くほど弾むコツ7つ

ここからは、女性と会話が驚くほど弾むコツを7つご紹介していきます。

 

相槌上手になる

女性と会話が弾むコツの1つ目は、相槌上手になることです。会話が苦手な男性は、女性の話を聞いているつもりでも、黙って頷いているだけだったり「へえ、そうなんだ」この一言で終わっていたりします。これでは、会話は弾みません。相槌をするときは、しっかり声に出し、その話題に興味がある素振りを示すことが大事なのです。たとえば、「へえ、そうなんだ。知らなかったよ。それでどうなったの?」このように、興味がある素振りを見せることが非常に重要なのです。

 

表情豊かに聞いてみる

女性と会話が弾むコツの2つ目は、表情豊かに聞いてみることです。あなたに質問です。あなたが話しているとき、ムスッとした顔で聞かれることと笑顔で頷きなら聞かれること。どちらが話しやすいでしょうか?答えは、当然後者ですよね。笑顔以外にも、驚いた顔をしたり、考える素振りを見せてみたり。表情豊かに聞けば聞くほど、相手は「ちゃんと聞いてくれているんだ」と感じ、どんどん話すようになるのです。

 

女性の話を最後まで聞いてみる

女性と会話が弾むコツの3つ目は、女性の話を最後まで聞いてみることです。会話が弾まない男性の中には、話の腰を折ってしまう人がいます。女性は、話すことでストレスを発散する生き物です。それなのに、女性から話す時間を奪ってしまっては、会話が弾むことはないのです。

 

オウム返し手法を使う

女性と会話が弾むコツの4つ目は、オウム返し手法を使うことです。オウム返し手法とは、女性が話した言葉の一部をそのまま引用して口にすることです。たとえば、女性が「昨日、渋谷に行ってきたんだ。道玄坂の映画館に行ったんだよ」と言ってきたのなら、「へえ、渋谷か~、道玄坂の映画館に行ったんだ~」このように返すのです。これをすることで、聞く力を上達させることができるのです。

 

質問は、リアクションした後にする

女性と会話が弾むコツの5つ目は、リアクションした後に質問することです。たまに、会話を弾ませたいからと何も考えず女性を質問攻めにしてしまう男性がいます。会話の基本は、キャッチボールです。そのため、一方的に質問攻めにしてしまっては盛り上がることはないのです。質問攻めにするのではなく、女性が話したことに対してリアクションを取ってから質問をすることで、会話のキャッチボールが成立するのです。

 

自分の弱みを先に話してしまう

女性と会話が弾むコツの6つ目は、自分の弱みを先に話してしまうことです。会話が苦手な男性は、自分の良いところばかりを見せようとします。しかし、この方法は逆効果です。会話を弾ませたいのなら、自分の弱みを先に話してしまうのです。たとえば、「僕、人見知りする方なんだけど、よろしくね」このように自分の弱点を先に話してしまうのです。そうすることで、あなた自身がリラックスして話すことができ、尚且つ女性もあなたにつられ自己開示をしてくれるようになるのです。

 

エピソードの中に自分の感情を入れる

女性と会話が弾むコツの7つ目は、エピソードの中に自分の感情を入れることです。男性は、情報や結論だけ話す傾向があります。「昨日、映画を見てきたよ。〇〇なところが面白かったよ」このような話し方です。ですが、これだけでは会話は弾みません。それよりも、「昨日、映画見てきたよ。〇〇なところが凄く共感して笑っちゃったよ。見終わった後、なんだか癒された気分になったよ」このように、あなた自身の感情を入れることで、女性との会話が弾みやすくなるのです。なぜなら、女性は感情に反応する生き物だからです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?女性との会話が驚くほど弾むコツを7つお話していきました。会話力を鍛えるためには、聞く力・話す力・リアクション力。この3つの中であなたに足りない部分を補っていくのです。そうすることで、女性と会話を弾ませることができるようになるでしょう。

-恋愛戦略(会話編)

Copyright© 彼女の作り方 ~社会人編~ , 2018 All Rights Reserved.